日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト Healthcare Venture Knotイベントレポート_アイデアピッチ部門

ヘルスケアベンチャーと医療者をマッチングし、医療・介護福祉の現場のニーズに即したアイデアを支援するため、2018年9月9日に開かれたビジネスコンテスト「Healthcare Ventures Knot」。
この記事では、第2部アイデア部門の様子をお伝えする。

第2部 コンテスト
アイデアピッチ部門(ヘルスケア課題解決ビジネスアイデアコンテスト)

 

—————————————
<ゲスト&審査員>
・五十嵐 健祐(医療法人社団お茶会 お茶の水循環器内科院長)
・下河原 忠道(株式会社シルバーウッド 代表取締役社長)
・武林 亨(應義塾大学医学部・大学院健康マネジメント研究科教授、健康マネジメント研究科委員長)
・裵 英洙(MD, Ph.D, MBA ハイズ株式会社代表取締役社長)
・古川 淳(株式会社キャピタルメディカ 代表取締役)
・山手政伸 厚生労働省
・山中 礼二(グロービス経営大学院 専任教員)
・吉村健佑(千葉大学医学部附属病院 病院経営管理学研究センター 特任講師)
・石井 洋介(医師、SHIP運営代表、日本うんこ学会会長)
—————————————

第2部のアイデアピッチ部門は、
医療介護等ヘルスケアの現場が直面している課題に対して、課題解決につながるアイデアを競うコンテストだ。

審査基準は、以下。
・チーム内に医療者または医療系学生が入っていること、医療者自らのプラン歓迎
・プロダクトは未完成でもOK。ビジネスアイデアだけでも登録可。
*課題感の希薄な疑似科学や美容医療等のプロダクトに関しては審査対象外。

そして、最終プレゼンターに残り、今回のアイデアピッチコンテストで発表したのは、以下の4組だった。
—————————————-
■松田 謙(医師) 、谷垣 信行(エンジニア)
「COPD憎悪の早期検知及び早期介入による入院率及び入院期間の減少」
■小迫 正実(一般社団法人Healthcare Ops 代表理事)
「病院の管理職/事務職向け運用ノウハウ事例集」
■中田 宏樹(理学療法士)
「理学療法士の検索WEBサービス」
■伊藤 由希子(鍼灸師)
「シゴト場での不調を予防のチャンスへ。頑張るあなたへ「おきばりやす」プロジェクト」
—————————————-

■中田 宏樹(理学療法士)
「理学療法士の検索WEBサービス」

理学療法士の中田さんは、理学療法士の検索WEBサービスを提案した。
中田さんは、「ケアマネは、訪問事業所を探すことが難しい。リハビリの質を気にする余裕がなく、それが在宅リハビリの質の低下につながっている。」という課題に着目した。その課題に対して、ケアマネ(と患者・家族)が訪問事業所を簡単に探せる検索サービスを提案した。
ちなみに、検索サービスは、訪問事業所から収益を得るモデルになっている。当サービスを利用する事業所にとっては、ブランディングによるリハ求人への好影響、利用者の獲得手段の多様化による営業の効率化、リハの回転率向上(中小規模事業所)により収益の向上が見込めると提案した。

■ 松田 謙(医師) 、谷垣 信行(エンジニア)
「COPD憎悪の早期検知及び早期介入による入院率及び入院期間の減少」

松田さん&谷垣さんペアは、慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)の進行性の憎悪に着目した。

※慢性閉塞性肺疾患(COPD:chronic obstructive pulmonary disease)とは、従来、慢性気管支炎や肺気腫と呼ばれてきた病気の総称。タバコ煙を主とする有害物質を長期に吸入曝露することで生じた肺の炎症性疾患であり、喫煙習慣を背景に中高年に発症する生活習慣病。(参照:一般社団法人日本呼吸器学会)

課題として挙げたのは、COPDの憎悪の症状がわからないCOPD患者の割合が32%、COPD憎悪時に特に対処をしていないCOPD患者の割合が20%という数字。そこで、一度以上入院を経験したCOPD患者に対して、COPD憎悪に伴う90日以内の再入院を低減するために、進行性の憎悪に対し早期に治療介入するということをゴールに掲げ、生体情報からデータ解析を行い、テレモニタリングのようなかたちでアクションプランの提示する仕組みを提案した。

■ 小迫 正実(一般社団法人Healthcare Ops 代表理事)
「病院の管理職/事務職向け運用ノウハウ事例集」

聖路加国際病院の事務総合職出身の小迫さんは、全国8000以上の病院が、独自に病院運用を行っているだけでなく、ひとつの病院内でも各部門によって運用方法が異なっていることに着目した。そこで、すべて運用をイチから考えることによるコスト高、通常業務の間で運用を考えることによる質の低さ、運用ノウハウが属人化していることを課題に挙げ、病院の管理職/事務職向けの運用ノウハウをあつめた事例集をつくることを提案。具体的には、病院でワークショップを開催して運用ノウハウを集め、ブログメディアを通して定期的かつ質の高い情報発信を行っていくとした。

■伊藤 由希子(鍼灸師)
「シゴト場での不調を予防のチャンスへ。頑張るあなたへ「おきばりやす」プロジェクト」

鍼灸師の伊藤さんは、生産性30%低下のみならず痛みで動きが悪くなる可能性、関節の疾患につながる肩こりに着目。実際、50%以上の人が仕事中にコリを感じるものの、シップのニオイが気になったり、マッサージに行く時間がない等により80%以上の人が放置していることを課題と置き、解決策としておきばりやすプロジェクトを提案。
おきばりやすプロジェクトは、スポーツ選手も使用する円皮鍼をオフィスグリコ型で提供するもので、LINE Botを用いて最適な使い方をサポートしていくプロジェクトだ。具体的には、ワンコインでオフィス内で使用したり、LINE Botを活用して使用方法を確認できるようにして気軽に試してもらい、定期的な情報提供をしていく。そして、深刻時には鍼灸院の予約代行までできるようにする仕組みを提案した。

上記4組のプレゼンが行われた後、ゲスト&審査員の審査が行われ、
最優秀賞に選ばれたのは、、、

「理学療法士の検索WEBサービス」を提案した中田宏樹さん!!
そして、中田さんは賞金賞金30万円を獲得!!

次の記事では、アーリー部門(スタートアップによるヘルスケアビジネスコンテスト)の様子をお伝えする。(執筆 森田秀俊)

Healthcare Venture Knotイベントレポート_アーリー部門

Healthcare Venture Knotイベントレポート_パネルディスカッション編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です