日本最大規模のヘルスケアビジネスコンテスト Healthcare Venture Knotイベントレポート_アーリー部門

ヘルスケアベンチャーと医療者をマッチングし、医療・介護福祉の現場のニーズに即したアイデアを支援するため、2018年9月9日に開かれたビジネスコンテスト「Healthcare Ventures Knot」。
この記事では、第2部アーリー部門の様子をお伝えする。

第2部 コンテスト
アーリー部門(スタートアップによるヘルスケアビジネスコンテスト)

—————————————
<アーリー部門 最終プレゼンター>※敬称略
・小川 晋平(AMI株式会社)
・大嶋 啓介(株式会社Appdate)
・川原 大樹(株式会社KURASERU)
・石井 健一(ネクストイノベーション株式会社)

<ゲスト&審査員>
・後藤 隆久(横浜市立大学附属市民総合医療センター 病院長)
・石見 陽(メドピア株式会社 代表取締役社長 CEO(医師・医学博士))
・加藤 浩晃(眼科医 / 京都府立医科大学 特任助教 / デジタルハリウッド大学大学院 客員教授)
・原 享弘(株式会社キャピタルメディカ 取締役)
・福田 升二(株式会社エス・エム・エス 執行役員、 事業開発本部長)
・青木 武士(株式会社キャピタルメディカ・ベンチャーズ
代表取締役)
・山中 礼二(グロービス経営大学院 専任教員)
・裵 英洙(MD, Ph.D, MBA ハイズ株式会社代表取締役社長)
・古川 淳(株式会社キャピタルメディカ 代表取締役)
—————————————

そして、アーリー部門は
最も持続可能なビジネスモデルをもつヘルスケアスタートアップを競うコンテストだ。

審査基準は、以下。
・既に起業をされており、プロダクトが実装されていること
・医療介護等ヘルスケアの現場が直面している課題解決につながっていること
・長期的に持続可能なビジネスであること
*課題感の希薄な疑似科学や美容医療等のプロダクトに関しては審査対象外とさせて頂きます。

そして、最終プレゼンターに残り、今回のアーリー部門で発表したのは、以下の4組だった。
—————————————-
■小川 晋平(AMI株式会社)
「開発した「超」聴診器を用いた「AMI」」
■大嶋 啓介(株式会社Appdate)
「病院とクリニックを連携させる「メドプラス」」
■川原 大樹(株式会社KURASERU)
「地域包括ケアに寄り添った退院支援の「KURASERU」」
■石井 健一(ネクストイノベーション株式会社)
「月経困難症などを支援するオンラインピル外来の「スマルナ」」
—————————————-

■小川 晋平(AMI株式会社)
「開発した「超」聴診器を用いた「AMI」」

小川さんは、開発中の聴診器と新しい遠隔医療サービスをプレゼンした。
開発中の聴診器は、通称「超聴診器」。小川さんは、遠隔聴診が行われていないことに着目し、聴覚のみの遠隔聴診は、今の技術では難しいという結論に至り、独自開発で超聴診器を開発している。超聴診器のポイントは、電極シート、適切な接触の感知、診断アシスト機能の3点だ。今は、音を可視化するビデオチャットの開発&特許出願中で、医療機関で実証実験をやっている段階だという。
また、新しい遠隔医療サービスとしては、2018年10月からスタート予定の「遠隔医療で健康推進」サービスをプレゼンした。小川さんが課題として挙げたのは、地方自治体は、医療従事者の確保が困難であること、医療従事者は移動時間の確保が困難であること、そして健康受診者は受診の日程調整が困難であることだ。そこで、全国の離島へき地に困っている人を助けるべく、医療従事者のシェアリングを構想。具体的には、問診から遠隔聴診、医療相談を10分で行えるサービスを構想しているとした。

■ 大嶋 啓介(株式会社Appdate)
「病院とクリニックを連携させる「メドプラス」」

大嶋さんは、病院とクリニックを連携させる「メドプラス」をプレゼンした。
大嶋さんは、地域医療連携で、適切な連携先や医療機関を見つけられないこと、そして院内で情報共有ができないという課題に着目した。
事実、主に急性期病院で急性期から慢性期に移行した患者の場合、医師に知り合いの先生がいない場合や医療連携室が探す場合も小さな診療所のデータがないため、1件1件電話を行って連携先を探しているのが現状だ。
そういった課題に対して、疾患別の検索システムであり、医療機関向けCRMでもある「メドプラス」を提案。従来の施設検索サイトは、診療科目による選定で精度が低いため、メドプラスでは疾患名と処置対応力で施設選定ができるシステムにした。実際、メドプラスを取り入れている病院では、連携先を探す時間が1件あたり平均30分から3分へ大幅短縮が可能になったという。また、事例として、メドプラス導入後の逆紹介数が1,7倍に増加した聖路加国際病院、逆紹介の強化により慢性期患者が減ることで外来単価がアップした永寿総合病院を紹介した。また、メドプラスは、病院間の詳細なやり取りや情報を院内共有できることも強みだ。2017年12月のリリース後、2018年8月末時点で33病院で導入され本格普及期に突入しているそうで、市場戦略としては、ネットワーク効果が効く市場のため、当面は無料にて導入数を増やすことに集中するとした。

■ 川原 大樹(株式会社KURASERU)
「地域包括ケアに寄り添った退院支援の「KURASERU」」

医療ソーシャルワーカー出身の川原さんは、地域包括ケアに寄り添った退院を支援する「KURASERU」サービスをプレゼンした。
介護、病院、訪問介護に精通している川原さんは、病院と介護施設の連携で、電話やFaxを使用することで多大な工数や時間がかかっており、1人のソーシャルワーカーが介護施設探しに使っている時間が毎月約30時間であることを課題に挙げた。そこで、医療ソーシャルワーカー/ケアマネジャーのための施設マッチングサービス「KURASERU」を開発した。KURASERUは、1クリックの施設検索と退院日入力で最適な施設探しができ、業務量を10分の1に短縮できることが強みだ。また、自社内の有資格者(看護師、行政書士、社会福祉士等)であるサポートチームが入居希望者との面談から同行訪問といったサポートも可能だ。また、介護施設は、病院の患者情報が分かるようになっており、病院同士の連携も可能なシステムだ。ビジネスモデルは、プラットフォームのフリーミアムモデルで病院収益の3%を手数料としてもらう仕組み。現在、神戸市では既に病院への導入実績35%、介護施設への導入実績40%を越えており、今後は全国展開に向けて動いていくと語った。

■ 石井 健一(ネクストイノベーション株式会社)
「月経困難症などを支援するオンラインピル外来の「スマルナ」」

石井さんは、より安全に、よりはやく、より満足を得られる仕組みをつくるべく、月経困難症などを支援するオンラインピル外来の「スマルナ」をプレゼンした。
日本では、年間約20万件の人工中絶手術が行われており、経口避妊薬ピルの普及率は、欧米先進国と比べると10分の1以下の1%程であることを課題に挙げた。そこで、経口避妊薬の国内普及率を高めることを目標に、病気と分かっているけれども相談しづらい、または忙しい人がターゲットにしたのがオンラインピル外来「スマルナ」だ。スマルナは、医者機関と連携して提供するサービスで、医療機関が診察・処方を、ネクストイノベーション社がコンシェル機能、相談窓口、服薬管理といった役割を担い、双方で患者をサポートする仕組みだ。また、コミュニケーションのベースをテキストにすることでコスト削減を行い、医者1人あたり約300人診察数増加が可能だという。

 

 

 

そして、上記4組のプレゼンが行われた後、ゲスト&審査員の審査が行われ、
最優秀賞に輝いたのは、、、

 

「開発した「超」聴診器を用いた「AMI」」をプレゼンした小川 晋平さん!!
そして、小川さんは賞金賞金100万円を獲得!!

 

近年、急激に広まり始めたヘルスケアビジネスやヘルステックということば。
審査員として参加した加藤浩晃先生がいうように、ヘルスケアビジネスには「医療現場」、「医療制度」、「ビジネス」の視点が大切だ。今回は、患者・医療者にとって必要不可欠なサービスで持続可能なビジネスづくりに向けて、ヘルスケアスタートアップと医療者が熱い議論を交わした様子を紹介した。(執筆 森田秀俊)

 

Healthcare Venture Knotイベントレポート_アイデアピッチ部門

Healthcare Venture Knotイベントレポート_パネルディスカッション編

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です